Europe

スウェーデンの死生観と森の墓地

スウェーデンと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

デザインや雑貨、可愛らしい家具でしょうか?

それとも、高い税率と充実した福祉制度だったりするのでしょうか?

スカンディナビア半島にある、少し日本人には馴染みが薄い、そんなスウェーデンの死生観がすごく面白いのです。

スウェーデンの死生観とは?

「スウェーデン」の画像検索結果

どこか小洒落たイメージがあるスウェーデン。

そんなこの国には自然を享受する権利は皆にあるという自然観が存在します。

確かに言われてみると、スウェーデンを含む北欧諸国は、可愛らしい街並みと、手付かずの大自然というイメージがありますね。

このような自然観からか、「死者は森へ還る」という独特な死生観が存在します。

そんな死生観を体現した場所が、首都ストックホルム郊外にある、美しい墓地スクーグスシェルコゴーデンなのです。

スウェーデンの死生観を体現した、森の墓地「スクーグスシェルコゴーデン」

スクーグスシェルコゴーデンとは,1994年に世界遺産に登録された墓地で、女優や作家、プロスポーツ選手など数々の著名人も埋葬されています。

北欧人にとっての精神的な故郷といえる「森」へと還る人間の運命を、直感的に悟らせる建築表現で、見た目にも美しいものとなっています。

そんな美しい森の墓地へと実際に訪れました。

まずはストックホルム中央駅から、地下鉄でスクーグスシェルコゴーデン駅へ。

駅のデザインがもうすでに洗練されているような気さえしてわくわくします。

駅から出て、木々の間を歩くとそこには美しい墓地の姿が。

このように自然と建築が混ざり合った、美しいお墓がたたずんでいます。

僕自身、お墓といえばやはり、「死」を意味しているわけなので、心霊スポットなどにも表される通り、悪いイメージは少しばかりあれども、いいイメージを持ったことはありませんでした。

しかし、この地は不思議と暖かさのようなものさえ感じました。

これは「死んで森へと還る」という死生観であったり、北欧の人にとっては森が故郷であり、死んだ後に故郷へと還って行ったという考え方が表されているからなのかもしれません。

さらに、北欧では終末医療が発達していて、寝たきりの老人がいないと言われているんです。

これは高齢者の意思が尊重され、1人での散歩や飲酒、喫煙も許されるそうで、これは人生を最後まで楽しむという考え方に基づいています。

このような安らかな最期を迎えられることも、要因の1つであるような気がしてなりません。

自然の静寂と太陽の光、そして美しい建築は、この地に穏やかな時の流れを生み出していました。

ストックホルム郊外にある世界遺産「スクーグスシェルコゴーデン」は美しく、そしてどこか暖かさのある素晴らしい場所でした。

ぜひ、訪れてみてくださいね!

アクセス

ストックホルムの中心地からスコーグスシュルコゴーデンへは、地下鉄のグリーンライン「ファーシタ ストランド(Farsta Strand)」行きに乗り、Skogskyrkogården駅で下車。

駅から徒歩5分ほどで到着します。

実はある作品に描かれていた

ここまで紹介した森の墓地ですが、実は私は訪れた時にデジャブのようなものを感じていました。

と言うのも、なんとなくこの場所を知っている気がしたんですね。

そして後で調べてみると、重松清さんの「十字架」という物語の終着として、森の墓地「スクーグスシェルコゴーデン」が描かれているのです。

この作品は、いじめによって自殺した少年と、残されたクラスメイトについて書かれた作品で、直接手は下していないけど、見て見ぬ振りをした傍観者の生き方なんかが書かれており、私は中学生の時に読み、命の重さについて、深く考えさせられたのを覚えています。

そんな場所に知らず知らずのうちに5年越しに訪れたのは何かの縁だったのかもしれません。

物語の中で自殺した少年の魂も、スウェーデンの死生観のように森へと安らかに還ることができていたならいいな、と思います。

この本のレビューを置いておくので、ご興味を持った方はぜひ、読んでみてくださいね。

https://books.google.co.jp/books/about/%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%9E%B6.html?id=-bBhkQEACAAJ&source=kp_cover&redir_esc=y