PHOTO

「エモい」写真が簡単に撮れる「写ルンです」

こんにちは。

最近急に「エモい」という言葉が飛び交うようになってきたなあと感じています。

フィルムっぽい編集の写真に、そんな「エモい」っていう言葉がよく使われているという印象を受けます。

しかし、フィルムっぽい写真の編集って言われても、、、って感じだと思います。

慣れてないと難しいですよね。

そこで、誰でも「エモい写真」を撮れるのが写ルンですなのです。

スマートフォンのカメラの画質がどんどん上がったり、より高機能なカメラがたくさん発売されている中で、本日は時代の逆を行く「写ルンです」の魅力や現像の方法についてご紹介と思います。

 

写ルンですとは?

 

mainvisual_01

出展:http://fujifilm.jp

 

そもそも写ルンですとは、富士フィルムが販売している、使い捨てのフィルムカメラです。

なんと最初の発売は1986年らしい、もう30年以上前からあるみたいですね。

使い方はシンプルで難しい設定は何もいらず、シャッターを押すだけでフィルム写真が撮れるというものです。

 

撮れる枚数はあらかじめ決まっており、その枚数を撮り終えるとおしまいとなります。

全部使い切ったら、街の写真屋さんに持っていくと、現像してもらえたり、データをもらうことができるので、撮った写真をスマートフォンに入れることもできるんです。

 

また、スマートフォンのカメラやデジタルカメラと違って、撮ったあとすぐに写真を確認できないじれったさがたまらなく良くて、現像するときにすごくワクワクします。

 

暗い場所や室内の撮影は弱いので、内蔵されているフラッシュを使って撮影するといいですよ。

実際に「写ルンです」でどんな写真が撮れるのか?

ここまで写ルンですを使うとエモい写真が撮れるとご紹介しましたが、
それでも実際にどんな写真が撮れるのかはイメージしづらいですよね。

なので僕が実際に写ルンですで撮った写真を何枚か貼っておきます。

 

 

こんな感じで、ただシャッターを押すだけで、間違いなくSNSでいいねを大量にもらえるであろう「エモい」写真が簡単に撮れてしまいます。

 

今回、写ルンですをヨーロッパに持って行きましたが、ヨーロッパの街並み×フィルムカメラの色味は最強でした。

 

そして、初めて写ルンですをつかってみましたが、めっちゃ簡単で、しかも軽いです。

 

年々高性能になるスマホカメラや、どんどん手軽になってきている一眼レフですが、「一味違った写真を撮りたい」という人は、ぜひ旅先に写ルンですを持っていくといいんじゃないでしょうか。

 

僕もこれからも重宝しようと思います。

写ルンですの購入方法や現像方法は?

写ルンですの購入場所

 

写ルンですは街のカメラ屋さんや、Amazonや楽天などのオンラインショップ、そしてコンビニにも置いているところがあります。

撮影可能枚数はおよそ30枚前後で、800円ほどで購入が可能なので、本当にお手軽です。

 

気になったら、こちらのリンクからもぜひどうぞ。

 

写ルンですの現像方法は?

 

現像方法は、使い切った写ルンですを街のカメラ屋さんに持っていくだけです。

仕上がる日にちを教えてもらえますので、再度その時間以降に取りに行くと、現像したものを受け取ることができます。

 

お店によって方法はいろいろですが、CDに入れてもらうこともできますし、QRコードにデータを入れてもらうこともできるので、写ルンですで撮った写真をスマートフォンで管理することもできます。

お出かけには写ルンですを

 

写ルンですは、画像編集やカメラの知識がなくとも、誰でもいい写真が撮れます。

ちょっとしたお出かけや、旅行に持っていけば、いつもの写真とは一味違ったものができるのですごくオススメです。

 

帰国後、写真屋さんで現像してもらった後に、
友人ともう一度旅先の思い出で盛り上がったりしてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひぜひ、旅先の思い出の1枚を写ルンですで撮ってみましょう。