TRAVEL

ヒッチハイク初心者のための、コツと注意点

こんにちは。

みなさんは長距離移動の手段として何を使いますか?

 

・夜行バス

・新幹線

・飛行機

・格安きっぷを利用した在来線

 

この辺りを使って、移動するんじゃないかなと思います。

 

ですが、交通費って結構かさむんですよね。

交通費のお金をもっと観光に使いたいっていうのはリアルな全学生の叫びだと思います。

 

そこで、今回は旅人御用達の移動手段であるヒッチハイクの魅力とコツをご紹介いたします。

 

|ヒッチハイクって?

 

「ヒッチハイク」の画像検索結果

 

ヒッチハイクはみなさんの想像するもので間違いないと思います。

そうです、親指を立てて、通りかかる車に乗せてもらうやつですね。

 

車の免許を持っている方はなんとなくわかるかもしれませんが、親指を立てて待っている人を見つけて急に止まれますか?

気がついたとして、わざわざ知らない人を乗せるために戻りますか?

 

そうなんですよね、ヒッチハイクをするためにはそれなりのコツが必要なのです。

 

|初心者のためのヒッチハイクのコツ

大きく、太いみやすい字でスケッチブックに目的地を書く

「ヒッチハイク」の画像検索結果

 

まずヒッチハイクではある程度遠くの場所から、自分の存在を認識してもらう必要があります。

そのため、親指でアピールするのではなく、スケッチブックやダンボールを準備して、方面や目的地を記載する必要があります。

 

この時にあまりに遠い目的地の場合は、手前にある主要都市を記載すると成功する場合があります。

 

愛想よく、恥ずかしがらない

自分が乗っける立場になって考えた時に、愛想の良くない人や、楽しくなさそうな人を乗っけますか?

 

つまりそういうことで、乗せてくれる人は1人で運転していて暇な人や、面白そうなことをしているなと興味を持ち乗せてくれる方がほとんどです。

 

なので、あの人乗せてみたいなと思ってもらえるように愛想よく、楽しそうにしておくのが大切です。

 

高速道路のサービスエリアの場合はトイレ前が良い

高速道路のサービスエリアでヒッチハイクをする場合は、トイレの前で狙うのがオススメです。

乗せてくれるほとんどのケースが、トイレや小休憩で降りてきた人が用事を済ませるまでに一度考えてから決断してくれることがほとんどです。

つまり動いている車が即決で乗せてくれるのは稀なんですよね〜。

 

ということは動いている車よりも、サービスエリアで用事があって車から降りてきた人を狙う方が確実だというわけです。

 

一般道の場合は?

難しいのが一般道で走っている車を止めて、乗せてもらう場合です。

少なくとも40キロのスピードで走っている車に気付いてもらうことは容易ではありません。

また、交通量が多い道路の場合、たとえ気がついて、乗せる気があっても、止めることができないという問題もあります。

 

こうした問題がある一般道で乗せてもらうコツをご紹介いたします。

車が信号待ちをしている間に気がついてもらうために、信号の少し後ろあたりに陣取るのがオススメです。

この信号待ちの間に、運転手はこちらの存在に気づき、乗せるかどうか判断してもらうことができます。

 

また、信号で気付いてくれた車が乗せやすいように、自分たちの立っている場所の先にコンビニ等の一時駐車できるポイントが特にオススメです。

 

この時に一番左の車線が左折専用の場合、直進してくる車は歩行者側にいないので、成功率が絶望的に下がるので気をつけよう。

 

|ヒッチハイクの魅力

「会話 車内」の画像検索結果

 

交通費がタダ

やはり何と言っても、交通費がタダなことは魅力的です。

例えば東京ー大阪間の新幹線と比べると、13000円ほど浮きます。これはかなり大きい。

日本の法律では金銭の請求は、白タクと同じですので、違法です。金銭を請求されることもありません。

 

地元の話は地元の人に聞くのが一番

その土地のことは、その土地の人が一番知っています。

道中に、その土地の魅力や歴史なんかをとても嬉しそうに話してくれます。

今まで全然知らなかったことを知るきっかけにもなって、すごく楽しいです。

 

いろんな人と話ができる

乗せてくれる人は多種多様です。

学生や、トラックの運転手、調理師や、一級建築士、社長さんなど、本当にいろんな人が乗せてくださいます。

これも全く関わったことのない人たちと話すことでいろんなことが知れるんです。

そのおかげか、時間がすぎるのもあっという間に感じます。

 

|ヒッチハイクする上で注意すべきこと

 

ここまで、魅力ばかり話してきましたが、もちろん注意すべきこともあります。

 

あくまで自己責任である

日本で身の危険を感じることは基本的にはないですが、身の安全はあくまで自己責任です。

危ないと思ったら、勇気を持って断りましょう。

 

寝るのは失礼

せっかく乗せてもらっているのに、車内で寝てしまうのはよくありません。

乗せてくださっている方も、「面白そうだな、退屈だし話し相手になってもらおう」と思っている方がほとんどです。

そんな時に寝てしまうと、相手になんだかなあという気持ちにさせてしまいます。

 

|ヒッチハイクしてみよう

 

以上のことを注意したら、ヒッチハイクも意外に楽しいものです。

人と話すのが苦手な方も、やってみるとなんとかなるものです。

1人では、、、という方は友人を誘ってやってみてはいかがでしょうか?

もちろん1人の方が成功率は高いですが、そのぶん乗せてもらうまでの間は孤独です。

 

せっかくの夏休み、お金がなくともどこかへ行きたい方は、ぜひヒッチハイクで旅してみましょう。