LIFE

心身ともにリフレッシュ、フィンランド発の入浴法ロウリュウとは

 

こんにちは。

学校に仕事、対人関係など、現代社会には煩わしいものがどこかしらに存在するものですよね。

また、そうでなくとも、頑張りすぎて疲れを感じる時はあるんじゃないかなあと思います。

 

リフレッシュしたいときにみなさんは何をしますか?

 

今回は、フィンランド発の入浴法、リフレッシュにもってこいのロウリュウについてご紹介したいと思います。

 

|ロウリュウとは

「フィンランド ロウリュ」の画像検索結果

 

ロウリュウとはフィンランド発祥の入浴法のことです。

 

通常よりも、少し温度の低い(とはいえ、70℃ほどはある)サウナで、サウナストーンにアロマを含んだお水をかけることで、大量のマイナスイオンを含んだ水蒸気を発生させます。

 

この水蒸気のことをフィンランド語でロウリュウというんです。

(ちなみに、サウナもフィンランド語です。)

 

 

そして発生した水蒸気の粒をうちわやタオルなどで仰ぐことで、体感温度が一気に上昇して、発汗を促すというものなんです。

 

これは、フィンランドのサウナ浴から取り入れられたもので、日本ではだいたいこんな感じのロウリュウサービスを受けることができます。

 

ロウリュウの効果は?

そんな想像しただけでも熱そうなロウリュウですが

 

・新陳代謝をよくする

・体内の老廃物の除去

・疲労回復

・美肌効果

 

このように、様々な効果があると言われています。

また、体の芯まであったまることができるので、冬場はもちろんのこと、夏もエアコンで冷えた体に意外と効くんです。

 

フィンランドのサウナ浴

「フィンランド ロウリュ」の画像検索結果

 

フィンランドはサウナ発祥の地で、北欧に位置するこの国は太陽の光が弱いことから、独自の健康法の一種として生まれました。

 

そんなフィンランドでは、だいたい80℃程度ほどの部屋にある石に水をかけて湿度を上げることで、発汗を促します。

 

つまり通常の日本式のサウナと違って、ただ汗をかくのではなく、石にかけた水が蒸気となって降りてくるものを浴びる、そして、じわーっと発汗を促す、蒸気浴のようなものなのです。

 

この一連の流れが、フィンランド式のサウナなのです。

 

ちなみに、先ほども書きましたが、この降りてくる水蒸気をフィンランドでロウリュというんですね。

 

このフィンランドのサウナ浴をモデルとして、日本ではロウリュウサービスが取り入れられているのです。

 

そして面白いのがこのあとで、フィンランドの人々はサウナ浴の後にクールダウンのために湖や積もった雪へと飛び込むのです。

日本でも、水風呂ってあるけど、それにしてもクレイジー。。。笑

 

|ロウリュウはどこで受けられるのか

ここまでご紹介したロウリュウですが、フィンランドでしか受けることができないのか、というとそんなことはありません。

 

 

最近ではスーパー銭湯の岩盤浴のお部屋で取り入れられていることも多いです。

これは従来のお風呂にある、日本式サウナは100℃近い高温の乾式サウナであるので、よりフィンランドのロウリュウに近い、やや低温の岩盤浴のお部屋を使っているのだろうと思います。

 

 

そしてこれ、想像している以上に熱いです。受けてたことがない方はぜひ、体感してもらいたいです。

 

お店によって、ちょっとずつ形式や熱さなどが違うので、詳細は気になるスーパー銭湯のホームページをご確認されてみてはいかがでしょうか。

 

|まとめ

いかがでしたでしょうか。

健康にも美容にもとてもいいロウリュウ。

 

日々の疲れなど、体の中の悪いものを全部、発汗とともに放出しに行ってみましょう。

 

また、いくら従来のサウナよりも少し温度が低いいとはいえ、体感温度は100℃近く感じますし、思っている以上に発汗しますので、くれぐれもご無理のない範囲でご利用ください。

 

 

時間があったら、本場フィンランドまで訪れてみたいものですね。

 

こちらも合わせてどうぞ

ウェーデンの死生観と森の墓地

銭湯で4年以上働く僕が、タトゥーの入浴禁止について考えた

 

こちらからフィンランド行きの格安航空券も併せてチェック!