Europe

まるで、RPGの世界!?天空の修道院メテオラを観光せよ

こんにちは。

世界複合遺産ってご存知ですか?

私たちが何気なく口にしている世界遺産には
①生態系や地形など自然的な特徴を持った遺産である世界自然遺産
②文化や遺跡など人類の歴史の中で継承されてきた世界文化遺産、
③その両方の性質を持つ世界複合遺産
の3種類があるのです。

一口に世界遺産といっても、その性質によって分けられるんですね。

そして、自然と文化のどちらにとっても、守るべき宝の価値があると認められている世界複合遺産は、世界遺産の中でもわずか3%ほどしかないのです。
(複合遺産の例として、トルコのカッパドキアやペルーのマチュピチュなどがある。)

 

そんな希少な世界複合遺産の一つ、天空の修道院とも言われるメテオラ」があまりに絶景だったので、ご紹介したいと思います。

天空の修道院メテオラとは

メテオラとは、ギリシャの中部のカランバカという街のすぐ近くにある、ギリシャ正教の修道院で、奇岩の上の6つの修道院の総称でメテオラと呼ばれます。

9世紀にはこの場所で修道士によって祈りが捧げられており、修道院の起源は14世紀と言われています。

また、崖の上ということもあり、俗世から離れるという意味では修道士たちにとって理想的な場所だったのかもしれません。

 

そんなメテオラですが、今は

「メガロ・メテオロン修道院」

「ヴァルラアム修道院」

「聖ニコラオス・アナパフサス修道院」

「ルサヌ修道院」

「アギア・トリアダ修道院」

「聖ステファノス修道院」

この6つの修道院から成り立っており、この修道院と奇岩が複合した世界遺産というわけです。

 

ちなみに、この中の4つの修道院を訪れましたが、どの修道院がどうだったかはすっかり忘れてしまいました。笑

メテオラの修道院を観光してみた

メテオラ観光の楽しみ方① 絶景を楽しむ

断崖絶壁の上に修道院がそびえ立つ様子はまさに絶景で、この世のものとは思えません。

まさに自然と文化が融合したとも言える絶景は、死ぬまでにみたい景色と言っても過言ではないと思います。

後述しますが、メテオラ観光は基本的に歩きかタクシーのチャーターになります。

歩きの場合は、まさにこの絶景を見ながら山道を登ることになります。

タクシーをチャーターする場合は、タクシーの運転手が絶景のポイントで止まってくれますので、いずれの移動方法であっても、断崖絶壁の上にそびえ立つ修道院の姿を見ることができます。

メテオラ観光の楽しみ方② 修道院の独特な雰囲気を楽しむ

普段なかなか修道院に訪れる機会が少ないため、この独特の雰囲気もメテオラ観光の楽しみの1つでしょう。

メテオラは実際の修道院としての機能が今も残っているため、中はざわざわとした雰囲気はなく、静寂な時間が流れています。

実際にシスターが修道院内を歩いていますし、まさに異世界といった感じです。

内部の見所の1つにフレスコ画の装飾があり、ギリシャ正教の荘厳さを感じることができます。

つまり修道士の方が日々過ごしていることですので、ふさわしくない格好や、中で騒ぐといった行為はやめておきましょう。

メテオラ観光の楽しみ方③ 宗教や歴史について考えてみる

ここメテオラは今もなお修道士の人たちがいますし、世界遺産に登録されているにもかかわらず、ざわざわとした様子は一切ありませんでした。

一方で、日本でこういった施設を考えた時に真っ先に出てくるのは神社やお寺ではないでしょうか。

日本では神社やお寺へ訪れる際にあまり服装に気を遣うことはないですし、今や観光がメインになっていることを考えると、改めて日本という国は無宗教国家である一方で、宗教色が強い地域もあり、それぞれに面白さを感じます。

また、崖の上に立っている修道院の姿に目がいきがちですが、修道院からの眺めを見てみると、やはりこの地が俗世から少し離れた場所であることを感じさせます。

一方で、世界遺産になるということは、少なからず観光への呼び水となるわけですから、俗世を離れるべく作られたこの地に、観光客が多く訪れるようになることは、昔の人々は予想だにできなかったんじゃないでしょうか。

この辺りのところについては、現役の修道士の方がどのように思っているのかは気になるところです。

メテオラへのアクセスは?

日本→アテネ

まずは日本からアテネへと飛行機で向かいます。

格安航空券はskyscannerが便利です。

ちなみに日本からアテネへの直行便はないため、ヨーロッパ、アジア、中東を経由して向かうことになります。

skyscannerの使い方はこちらの記事で

アテネ→カランバカ

アテネからカランバカへは

・列車

・バス

・ツアー

この3種類の方法で訪れることができます。

その中でも一番安い手段である、列車での移動についてご紹介します。

 

列車のチケットをこちらのサイトから予約します。

乗る列車を選択し、必要情報を記入すると決済完了後に予約完了します。

当日の購入もできるみたいですが、席が埋まってしまうことや、事前予約の方が安いことを考えると余裕を持って予約しておく方がいいでしょう。

 

予約が完了したら、列車はアテネの中央駅から発車するので、少し余裕を持って駅に向かいます。

 

カランバカ→メテオラ

ここまでくるともう少しです。

メテオラ観光は基本的には①歩き②タクシーチャーター③ヒッチハイク
のいずれかの方法で回ることになります。

おすすめなのはタクシーをチャーターすることです。

値段の相場は2時間で40ユーロ、3時間で50ユーロほどです。

タクシーの運転手さんが、絶景のビュースポットに降ろしてくれたり、写真を撮ってくれたりしますし、最も効率的に回ることができるのでおすすめです。

 

ちなみに中央駅を朝出発する列車に乗り、タクシーチャーターで回ると、メテオラはアテネから日帰りでもみて回ることができます。

天空の修道院メテオラ観光へ行こう

俗世から離れるために奇岩の上に建てられた、天空の修道院メテオラ。

その自然的、そして文化的価値から守るべき遺産として、希少な世界複合遺産へと登録されています。

こんな奇岩の上に、どうやって数々の修道院を建てたんだと疑問を感じずにはいられないその姿は圧巻で、どこを撮っても絵になるといっても過言ではないほどで、本当にオススメです。

また、今もなお、敬虔な修道士たちが修行を行なっている信仰の強さを感じられる場所でもあり、その独特な雰囲気と壮大な景色を見にメテオラまで足を運んでみてはいかがでしょうか。