海外旅行保険の携行品損害で壊れたカメラを無料修理してもらえた

TRAVEL

こんにちは。

みなさんは旅行や留学、仕事などで海外へ行く際に、海外旅行保険に加入しますか?

僕は海外に行く際に、毎回海外旅行保険には加入していますが、特に何が起きるでもなかったので、これ本当に必要なのかな?と思っていました。

そう思っていた時に、旅先で自分の不注意でカメラを壊してしまったのですが、なんと海外旅行保険の携行品損害で修理してもらうことができました。

そこで今回は、海外旅行保険の携行品損害についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも海外旅行保険の携行品損害って何?

携行品損害では、保険のお支払対象となる期間中に、お客さまの持ち物(バッグ、カメラ、時計、衣類、旅券等)が盗まれる・壊れる・火災等の偶然な事故により損害を受けた場合、持ち物1つ(1個、1組または1対)あたり10万円(乗車券等である場合は合計して5万円)を限度として、その時点での価格(時価)、または修理費用のいずれか低い額をお支払いします(自己負担額はありません。)。 ただし、携行品損害保険金額を、保険期間中のお支払いの限度とします。なお、携行品損害保険金額が30万円を超える契約の場合、盗難・強盗および航空会社等寄託手荷物不着による保険金の支払限度額は30万円となります。

損保ジャパン日本興亜より(https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/sche/carry/)

つまり簡単に言うと、携行品損害とは海外旅行保険の中に含まれるもので、被保険者の持ち物に損害を受けた時に、補償が受けられるというものです。

もし旅先で大切なパソコンやカメラなどが壊れてしまった場合、落ち込む前にこの携行品損害が適用できるか確認してみましょう。

携行品に該当するもの

携行品とは被保険者のもので、旅行中に携行するもののことを言います。

もう少し具体的にいうと、カメラやパソコン、時計や服などは携行品とされ、補償の対象となります。

携行品に該当しないもの

一方で、旅行中に携行するものの中にも、携行品とみなされないものもあります。

みなされないものとしては、現金やクレジットカード、データや危険な運動を伴う道具などです。
これらは、補償の対象外となりますので注意しましょう。

海外旅行保険の携行品損害は自分の不注意でも適用されるの?

日中に家の中の台無しにされた流し

僕の場合は、旅先の景色を撮影している時に、うっかりカメラを落としてしまい壊れてしまいました。

その旨を保険会社さんに説明すると、携行品損害の適用は可能だとおっしゃっていたので、無料で修理することができました。

しかし下記の場合は補償を受けることができないこともあるので、ご注意ください。

・管理を怠っていた場合 

・故意に壊した場合

それではこれらを詳しくみていきたいと思います。

ケース① 管理を怠っていた場合

自分自身が管理を怠っていた場合、携行品損害の補償を受けられない場合があります。

例えば、飛行機に乗る時を例にして考えてみましょう。
カメラやパソコンなどの機内に持ち込むべき精密機械を、チェックインの荷物に入れたままにしてしまい、壊れた場合は自身の管理を怠ったとされて、保証されないケースがあります。

今回僕は、写真撮影中にカメラを落としてしまいましたが、この場合は携行品損害として補償してもらうことができました。

ケース② 故意に壊した場合

故意に壊した場合はもちろん保証されることはありません。

そのため、わざと自分の持ち物を壊して、保険金を受け取ることはできません。

携行品損害の補償を受ける手順

携行品損害の補償を受けるために、まず僕は保険を申し込んだ時に届いたメールに記載されていた、問い合わせの番号に電話をかけました。

電話で契約証番号を伝えると、あとは保険会社の方が指示してくれるので、その通りにすると補償を受けることができます。

この時に、該当の携行品の購入年月や型番などを聞かれましたが、レシート等の証明書は不要でした。

そして、保険会社さんに壊れた携行品を送り、修理して送り返される旨の連絡が届き、数週間後に修理されたカメラが自宅へと届きました。

補償にあたっては保険会社にもよりますが、上限金額があるので、もしかしたら全額補償されるわけではないことは頭に入れておいた方が良さそうです。

また補償の際には、壊れた携行品の時価と修理代金と安い方が補償されます

海外旅行保険付帯のクレジットカードを利用するのもあり

ここまでご紹介したように海外旅行保険に加入することはとても大切です。

それでも少しでも節約したいという方におすすめなのが、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを利用することです。

行き先にもよりますが、日本以上にキャッシュレスの国はたくさんありますので、クレジットカードは海外旅行に必須のアイテムと言えますし、クレジットカードの保険を利用することで、浮いたお金を旅行費に足すことができます。

そこでおすすめのカードをご紹介しておきます。

海外旅行保険付帯のカード① 楽天カード

まずおすすめするのは、CMでもおなじみの楽天カードです。
楽天カードはユーザー数が日本一とも言われており、多くのユーザーから使われてることからも安心して使えることがわかります。

そんな楽天カードの強みは

・年会費が永年無料

・審査が早く、通りやすい。

・入会するだけで5000ポイント以上ついてくる。

・貯まったポイントを楽天市場や楽天トラベルなどいろんなところで使うことができる。

一方で弱みとしては、海外旅行保険を適用するために
①自宅から出発空港までの交通費、または、②海外旅行代金
のいずれかを楽天カードで支払う必要があります。

海外旅行保険はもちろんのことポイントの強みもあり、スタンダードなカードとして利用することができます。

楽天カードの登録はこちらからどうぞ。

海外旅行保険付帯のカード② エポスカード

続いておすすめするのがエポスカードです。

エポスカードをおすすめする理由は

・入会金、年会費永年無料

・飲食店やカラオケ、遊園地などいろんなところで割引を受けられる。

・キャンペーン中のネット申し込みで最大5000ポイントもらえる

また、楽天カードと違って、エポスカードの場合、お手続き不要で自動で海外旅行保険が付帯されるのがとてもありがたいです。

エポスカードは提携している施設の割引を受けられることもあり、普段使いもしやすいカードです。

そんなエポスカード の入会はこちらからどうぞ。

どちらのカードも年会費無料ということで、海外に行く際に海外旅行保険に加入するのがもったいないと感じている方はこの機会にいかがでしょうか。

海外旅行保険は入るべきだ

今まで特に何が起きるわけでもなかったので、必要性を感じていなかった海外旅行保険ですが、旅行の際は加入しておくことをおすすめします。

特にカメラやパソコン、スマホなどの精密機械は買い換えるとなるとかなりお金もかかってしまいますので、もしもに備えることが大切じゃないでしょうか。

とはいえ、「少しでも節約したい!」という方はこの機会に海外旅行保険付帯のクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

そして、もし旅先で大事なカメラやパソコン、スマホが壊れてしまったら、頭をかかえる前にぜひ1度保険会社さんへと問い合わせてみましょう!

コメント