イタリア

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラからバチカンの絶景を一望!【登り方や入場料など見学レポート】

こんにちは。

ローマ旅行で絶対に外せない観光スポットの1つとして、バチカン市国にあるカトリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」が挙げられるでしょう。

そんなサン・ピエトロ大聖堂には見所が2つあり、1つは無料で入場可能な聖堂内部の見学、そしてもう1つが有料で入場可能なクーポラへ登ることです。

実際にサン・ピエトロ大聖堂を観光してみた結果、聖堂内部の見学だけではなく、クーポラにも登ることをおすすめしますので、今回の記事ではクーポラ見学の様子や入場方法、入場料金など、まるっとご紹介したいと思います。

これからローマへ旅行を予定している方や次の旅先どこにしようかと考えている方は、ぜひ読んでみてください!

サン・ピエトロ大聖堂の見どころ「クーポラ」とは?

「クーポラ」と聞いて、すぐに教会のどの部分のことを指すか思いつく人はあまりいないのではないでしょうか。クーポラとは、教会建築などにみられる半球形につくられた天井や丸天井、ドームの部分のことを指します。

つまり、サン・ピエトロ大聖堂のクーポラは、上の写真の中央上部にある半円形のドーム部分のことを指します。

サンピエトロ大聖堂のクーポラサン・ピエトロ大聖堂のクーポラ

内部から見ると「クーポラ」はこのドーム状になっている部分です。ちなみにサン・ピエトロ大聖堂のクーポラは、あの有名な彫刻家であるミケランジェロによって設計されたものです。ミケランジェロといえば、誰しもが一度は聞いたことがあることでしょう。

サン・ピエトロ大聖堂では、このクーポラ部分に有料で登ることが可能で、クーポラに登ることで聖堂内部を上から見渡すことができたり、展望台からはバチカンの街並みが一望することができます。

そんなクーポラへ早速登ってまいります。

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラへ登頂

クーポラへの入場方法

クーポラの入口は、サン・ピエトロ大聖堂の入口のすぐ横にあります。写真の赤枠で囲ったあたりです。

大聖堂は入場チケット不要で自由に出入りができるため、入場の列も特になくスムーズに流れています。そのため、大聖堂の入口の横に入場待ちの列ができているところがあれば、そこがクーポラの入口です。

ちなみにクーポラの入口付近には「DOME ENTRANCE」と書かれた緑色の看板がありますので、心配な方はこちらも目印にすると良いかと思います。

クーポラの入場待ちの列

クーポラの入口へと到着すると、入場を待つ観光客が並んでいます。混雑する時間帯に訪れると最大1時間ほど待つ可能性があるので注意が必要です。

僕が訪れたのは午前11:00頃でしたが、待ち時間は30分程度でした。列の並び具合を見て、大聖堂内部の見学へ先に行くのか、クーポラ登頂を先にするのかを決めればいいかと思います。

ちなみにクーポラの列が比較的空いているのは、朝一番か夕方の時間帯なので、並びたくない方はこちらの時間帯で訪れると良いでしょう。

クーポラの入口を進む

クーポラの入口から続く列を進むと、チケット売り場へと到着します。チケットの価格は、エレベーターでクーポラへ登る場合は10€、階段でクーポラへ登る場合は8€です。

クーポラの展望台部分は地上から約120mほどの高さの場所にあり、階段を選択すると551段も登らなければなりません。ちなみにエレベーターを利用する場合も、320段は自力で登る必要があります。

僕は2€安いという理由で階段を選択しましたが、めちゃくちゃしんどくて後悔しました。しかも階段は屋内に設置されているため、外の景色が見えるわけでもありません。ただひたすらに登るだけです。よっぽどのことがない限り、素直にエレベーターを選択することをおすすめします。

 

上記のような流れでクーポラへと入場することが可能です。

クーポラの内側からサン・ピエトロ大聖堂の内部を見学

階段を上ると、サン・ピエトロ大聖堂をクーポラの内側を見学することができます。下からではよく見えない聖堂内上部の装飾を間近で見ることができます。

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラ

上を見上げると、ミケランジェロが設計した直径43mにもなる美しい装飾のクーポラを間近で見ることもできます。

ペテロの司教座

ベルニーニが晩年に製作した「ペテロの司教座」も上から眺めることができます。下から見るよりも、上から見た方が美しさが圧倒的に際立っています。上からだと良い写真を撮ることもできます。

モザイク画

通路沿いには、下からではよく見えないモザイク画をすぐ近くで見ることもできます。

このようにクーポラを登ると、下からでは見ることができないサン・ピエトロ大聖堂の内部の装飾をじっくりと眺めることが可能です。

そんなこの場所から、さらに165段上るとバチカンの街並みが一望できる展望台へと到着します。

クーポラの展望台から眺めるバチカンの街並み

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラの展望台の高さは約120mでバチカンの美しい街並みを一望することができます。

この景色を見るためだけでもクーポラへ入場する価値があると言っても過言ではないでしょう。まさに絶景です。

ちなみに僕は地上から階段を登ること551段、もうクタクタです。次に来るときは絶対にエレベーターを選択します。

クーポラの展望台から見たバチカンの街並み(広角)

もう少し広角気味の写真で展望台からの景色をご紹介すると、このような街並みです。青い空とオレンジの街並みのコントラストがとても美しいです。展望台の眺めを考えるのであれば、クーポラに登るのは、確実に晴れた日にしておいた方がいいでしょう。

展望台からはサンタンジェロ城やシスティーナ礼拝堂、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂など、たくさんの観光スポットを眺めることもできるので、思う存分ローマ・バチカンの景色を楽しむと良いでしょう。

そんな魅力たっぷりのクーポラの基本情報は改めて下記にてまとめておきます。

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラの基本情報まとめ

クーポラの入場料

・階段を利用する場合・・・8€
・エレベーターを利用する場合・・・10€

クーポラの営業時間

◯階段

4~9月  ・・・7:30~17:00
10~3月・・・7:30~16:00

◯エレベータ

4~9月  ・・・7:30~18:00
10~3月・・・7:30~17:00

※休業日はサン・ピエトロ大聖堂に準ずる

サン・ピエトロ大聖堂へのアクセス

地下鉄A線のオッタヴィアーノ駅(Ottaviano)で下車後、徒歩約10分ほどでサン・ピエトロ広場の入口まで到着します。

周辺からはサン・ピエトロ大聖堂のクーポラがいたるところから見えるので、クーポラを目印にすると迷わずに向かうことができます。

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラはぜひ登っておきたいスポットでした

サン・ピエトロ大聖堂には訪れる予定だけれど、クーポラはどうしようかと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

正直、実際に訪れてみると展望台からの景色だけでも一見の価値があると感じたので、時間が許すのであればぜひ登ってみることをおすすめします。

バチカン観光はローマ旅行のハイライトになること間違いなしですので、後悔のないように旅を楽しんでくださいね!

海外旅行の際は保険に加入しておこう

ローマへ行く前に!海外旅行保険は加入しましたか?

海外で病気や怪我をしてしまった際の異常に高い医療費や、旅先でカメラやパソコン、スマホを壊してしまった時などに備えて、海外旅行保険への加入は必須と言えます。

エポスカード入会金や年会費無料かつ海外旅行保険が自動付帯という便利なカードなので、旅行のたびに海外旅行保険に加入するのがめんどくさい方や、保険代がもったいないと感じる方など、とにかく持っておきたい1枚です。

普段使いもしやすいカードなので、まだエポスカードを発行していない方は、この機会に作っておくことをとてもおすすめします。

海外旅行保険付帯のおすすめのカードはこちらにまとめてみました!

【完全無料】海外旅行の必須アイテム!保険付帯で学生におすすめのクレジットカードはこれだ!こんにちは。 クレジットカードと言えば、海外旅行に行く際に必須中の必須アイテムの1つです。 なぜ必須なのかという理由はこんな...

海外旅行保険については以下の記事も参考にしてみるといいと思います。

【体験談】海外旅行保険の携行品損害で壊れたカメラを無料修理してもらえた こんにちは。 みなさんは旅行や留学、仕事などで海外へ行く際に、海外旅行保険に加入しますか? 僕は海外に行...