銭湯で4年以上働く僕が、タトゥーの入浴禁止について考えた

LIFE

こんにちは。

最近タトゥーについての話題が、SNSのタイムラインを賑わせているような気がします。

 

スポーツ選手や、俳優、若者のファッション的な流行から見て取れる欧米のタトゥーへの考え方。

銭湯の入場禁止や、暴力団のイメージなどの日本のタトゥーへの考え方。

 

同じタトゥーであっても考え方は全然違うんじゃないでしょうか。

そこで今回は、タトゥーを入れている方と嫌でも接する機会が多い銭湯で、4年以上働く僕が考えるタトゥーについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

|欧米におけるタトゥー

 


by Instagram

 

タトゥーは5300年前に発見されたイタリアのミイラから確認されており、当時は高貴な身分の人たちに施されていました。

しかし、ギリシャの哲学者や、ローマ教皇などがタトゥーに対して否定的な見解を示しており、ギリシャ・ローマ時代にはタトゥーの評価はそれまでとガラリと変わりました。

 

こうして、キリスト教徒の間でタトゥーは野蛮なものとされ、ヨーロッパでのタトゥー文化は廃れていきました。

以後、タトゥーが注目されるようになったのは大航海時代であり、外国船の船員などに見られるようになりました。

 

その後イギリスでは犯罪者にタトゥーを入れるようになり、タトゥーはギャングや犯罪者といった外れもの象徴となっていきました。

 

こうして否定的な考え方だったタトゥー文化でしたが、1900年代後半に入ると、タトゥーが自らのアイデンティティであったり、意味をなすようになってきたのです。

 

サッカー選手の中には、自分の子供の名前を掘る人や、家族の名前、飢餓に苦しむ人へ向けたものなどが出てきました。

こうして有名人から、若者のファッションへと流行していったのです。

 

とはいえ、タトゥーに寛容な欧米とはいえど、国によってはタトゥーの影響で軍人や警察官になれないといった規制があったり、上流階級の人たちはタトゥーに対して良いイメージを持っていないなど、全ての人に受け入れられているというわけではないようです。

 

|日本におけるタトゥー

 

「タトゥー」の画像検索結果

 

日本でも700年代に日本書紀や古事記に刺青が刑罰として使われたことが言及されています。

そして時は流れ江戸時代には、軽犯罪を犯したものに刺青を入れられる刑がありました。

この際に、犯罪を犯した場所がわかるようにデザインが場所によって違っていたり、地域によっては刺青刑が顔に施されるところもありました。

 

顔に施されると、一目見て犯罪者とわかるわけですから、やられた方はたまらないですよね…笑

(そもそも犯罪を犯すなという話)

 

一方で、刑罰とは別でおしゃれとしての刺青文化も江戸時代には栄えました。

これは火消しや飛脚といった肌を出す機会が多い職業の人たちによって好まれたのです。

 

明治時代になると、鎖国が解かれて、外国人が入ってくるようになり、欧米から見た日本を意識したことによって、刺青を規制したのです。こうして、刺青文化はどんどんとなくなっていったわけです。

そして、現在ではその威圧感から暴力団の人たちがするようになったこともあり、刺青を入れている人に対して、マイナスな印象を持つ人が多く、銭湯のみならず、就職などにも影響があるというのが現状です。

 

|銭湯で働いていて思うこと

 

そんな日本ではまだまだ否定的なイメージのあるタトゥーですが、タトゥー入館禁止の銭湯で働いていて思うことを書いていきます。

 

外国人はかわいそうに感じる

 

これね、日本人、外国人関係ないっていう意見がすごいあると思うんですけど、あえて書かせてもらいたいと思いました。

 

と、いうのもお風呂の文化って海外ではそんなに発展してなくて、水資源が豊かじゃない国はそもそも湯船にも入らないし、海外の温泉の有名なところってだいたい水着での入浴だったりで、日本の温泉って結構外国人にとっては新鮮でワクワクしながら来ていると思うんですよね。

そういう気持ちも考えると、外国人であってもタトゥーの方の銭湯への入館禁止って結構厳しいなあって思ってしまいます。

 

とはいえ、そこだけを例外にするのはもちろんおかしいですし、オリンピック効果で訪日外国人が増えるし、タトゥー全員入浴可にするみたいな目先の利益だけの考え方はやめてほしいと思います。

 

銭湯に来る、タトゥーの入っている人はガラが悪い

 

もし、タトゥーの方の入浴を見つけた場合、その場で声をかけて退館していただくのですが、銭湯に来るタトゥーの入っている方は怖い人が多いです。

というのも、ほとんどの人がタトゥーの人は銭湯に行けないっていうのはなんとなくご存知だと思います。

そうしたルールがあるにもかかわらず、それを破ろうとしてご来店している方々なので、銭湯で出会うタトゥーの人たちはガラの悪い人が多いです。

もちろん、タトゥーの入っている方全員がガラが悪いわけではありません。

 

僕が昔通っていた美容室の人はタトゥーが入っていましたが、「タトゥー入ってるから銭湯行けへんねん」とおっしゃっていたので、そうしたルールの中でタトゥーを楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいます。

とはいえ、まだまだタトゥー文化の理解が十分ではない日本で、生活のしづらさは少なからずあるようです。

 

威圧感はある

 

とはいえ、少数のタトゥーの入っている人が温泉にいたとして、他のお客さんに与える影響ってそんなにないんじゃないの?と思っていました。

そんな考え方が一変した出来事がありました。

 

それはスキー場併設の銭湯へ訪れた時です。

スキー場併設の銭湯はタトゥーの方も入浴可能なところが多く、僕が行った時も5人ほどタトゥーの入った方が入浴していました。

そこで感じたのは、

 

・タトゥーの方の入浴可能にしてしまうと、そのお風呂にタトゥーの方が集まる

・威圧感があるから、ヤクザの人たちもしているわけで、実際目の当たりにすると怖い

ということでした。

 

タトゥーが他の人に与える威圧感というのはやはり避けられないように感じます。

 

|まとめ

 

タトゥーの有無によって、どんな人か、そんなことは全くわかりません。

むしろ、タトゥーも立派な文化であり、否定することは絶対にできません。

 

ですが、現状日本人の考え方の中に、タトゥーにはマイナスのイメージがあり、ある程度の選択の制限がなされることは理解してから入れるべきだと思います。

タトゥー文化が受け入れられるためには、ただタトゥーの人の権利を主張するのではなく、今まで積み重ねられたタトゥーへのマイナスのイメージをコツコツと払拭していく必要があるでしょう。

 

将来的にはタトゥーについての論争なんか起きないようになればいいなと願っています。

タトゥーの方の銭湯への入浴はまだ時間がかかりそうです。

 

コメント

  1. […] 銭湯で4年以上働く僕が、タトゥーの入浴禁止について考えた […]