ホテル

青森の文化に触れる旅!魅力いっぱいの青森屋を楽しみ尽くすおすすめの過ごし方

こんにちは。けんちょ(@kencho0113)です。

本州の最北端に位置する青森県は、奥入瀬渓流や白神山地などの自然に溢れ、観光資源が豊富なことから、東北の中で特に旅行先として人気の高い都道府県です。

そんな青森の魅力がたっぷりと詰まったホテルが星野リゾートが経営する「青森屋」というホテル。今回はこの青森屋で青森の魅力を味わい尽くすおすすめの楽しみ方についてご紹介したいと思います。

温泉天国の三沢にある、星野リゾート「青森屋」

実は青森屋があるのは、青森県の主要都市として知られている青森市でも弘前市でも八戸市でもありません。八戸市から車で30分ほど走った、三沢市という地域にあります。

三沢市は良質な温泉が湧く地域として知られており、市内には温泉がなんと12ヶ所もある温泉天国。公衆浴場で温泉に浸かることができるという、なんとも羨ましい地域。近くには空港もあり、遠方から訪れる場合は飛行機の利用が便利です。

\予約はこちらから/
楽天トラベルから予約する!

じゃらんから予約する!

浴衣を借りて公園を散策する

青森屋横の公園青森屋に到着してチェックインを済ますと、日が出ているうちに敷地内を散策するのがおすすめ。青森屋のすぐ隣には広大な敷地の公園があり、明るいうちに浴衣をレンタルしてぶらぶらと歩き回ってみてはいかがでしょうか。

公園内には牧場や浮見堂、足湯などの見どころが点在していて、1周はおよそ30分くらい。ゆっくりと散歩するのにちょうど良い広さで、のどかな風景を眺めながらの散策は新鮮で気持ちがいいですよ!

じゃわめぐ広場で「青森らしさ」を体験する

青森屋の中心に位置するじゃわめぐ市場では、青森にまつわる様々な体験をすることができます。ここでは青森の魅力にどっぷりと浸かっちゃいましょう!

リンゴジュースの出る蛇口

広場内にあるりんごジュースの出る蛇口では、青森のシンボルであるりんごのジュースがなんと飲み放題!蛇口を捻るとリンゴジュースが出てくるという、まさに夢のような体験をすることができるんです。

そしてこのリンゴジュースがまた美味しい!!この機会にぜひ思う存分、絶品のリンゴジュースを味わっちゃいましょう。

ねぶたの展示

青森屋のねぶた

青森といえば、東北三大祭りの1つでもあるねぶた祭りが有名な地域。ねぶたとは、明かりを灯した巨大な灯籠のことなのですが、青森屋ではこのねぶたが365日、毎日あらゆるところに展示されていて、1年中いつでもお祭り気分を楽しむことができます。

また、訪れるお客さんに祭りをより身近に感じてもらうため、ねぶたのショーも開催されていますので、ねぶたの熱気や臨場感を楽しむのもおすすめの過ごし方です。

青森土産を物色する

じゃわめぐ広場にある売店では、青森県の名産品や地酒、伝統工芸品などが豊富にラインナップ。りんごにまつわるお菓子やお酒、青森ならではの日本酒や海産物など、魅力的なお土産が多数取り揃えられているので、青森旅の思い出としてお土産を購入するのにもぴったりです。

季節のイベントを楽しむ

じゃわめぐ市場じゃわめぐ広場では、季節ごとにイベントも開催されています。僕が訪れた時期は、金魚祭りが開催されていましたよ!

昭和レトロでどこか懐かしさのある雰囲気がとっても素敵で、子供から大人まで楽しめるので、ぜひぶらぶらと広場を散策してみてくださいね。

\予約はこちらから/
楽天トラベルから予約する!

じゃらんから予約する!

ヨッテマレ酒場で青森の地酒を味わう

夜の過ごし方としておすすめなのが、ヨッテマレ酒場での酒盛りです。ヨッテマレ広場には、青森の美味しい地酒や珍味がズラリとラインナップされていて、楽しい夜を過ごすことができます。

懐かしい雰囲気が漂う酒場で、青森ならではの美味しい珍味やお酒を片手に旅の思い出を語らう、なんて過ごし方も旅の醍醐味の1つですよね!

2つの温泉で青森の温泉文化を楽しむ

絶景露天風呂が楽しめる名物の「浮湯」

浮湯僕が青森屋での宿泊体験の中で最も良かったなと思っているのが、『浮湯』の入浴です。青森屋の温泉はトロトロとした泉質で肌あたりが滑らか。誰でも入りやすく、そして入浴後にはお肌がすべすべになるのも嬉しい!

img_hibayu2浮湯の暖簾を潜ると、大浴場には内湯と露天風呂がそれぞれあります。内湯は青森ヒバで作られた浴槽が見た目にも美しく、そして何よりもヒバ爽やかな良い香りが浴室内に漂っています。温泉の気持ちよさもさることながら、見た目も香りも心地よく、とてもリラックスしながら温泉を楽しむことができます。

そして浮湯最大の魅力が池に浮かぶ絶景の露天風呂!湯船が広い池に張り出し、まるで水に浮かんでいるかのような温泉です。源泉掛け流しの温泉にじっくりと浸かりながら、四季折々の風景を楽しむ、温泉の気持ちよさと景色の美しさに思わずうっとりしてしまいます。

露天風呂は日中と日が暮れてからでは異なる情緒が楽しめるので、時間帯を分けて2度入浴するのが個人的にはおすすめです!

「元湯」で青森の朝湯文化を体験する

人口10万人あたりの公衆浴場の数が日本一の青森県。そして、朝の早起きも日本一の青森県は、朝のひと仕事を終えた後にひとっ風呂浴びるという朝風呂文化が根付いています。

そんな青森ならではの朝風呂文化を体験におすすめなのが、青森屋の敷地内にあり宿泊者は無料で利用できる古牧温泉元湯です。青森屋本館からは徒歩5分ほどの場所にあります。

昭和レトロな雰囲気の元湯は味のあるとても素敵な雰囲気。特に朝日の光が浴室内のステンドグラスを通して差し込む様はとても美しく、ノスタルジーを感じながら、気持ちの良い朝風呂を楽しむことができます。

夕方や夜は本館の浮湯で絶景の露天風呂やヒバの内風呂を楽しみつつ、朝はこの元湯で朝風呂文化を体験しつつ、お風呂を楽しむのがおすすめです。

\予約はこちらから/
楽天トラベルから予約する!

じゃらんから予約する!

ビュッフェスタイルの「のれそれ食堂」で青森の郷土料理を味わう

朝から気持ちの良いお風呂を楽しんだ後は、割烹着姿のかっちゃ(お母さん)が笑顔でお出向かえする古民家風のビュッフェレストラン『のれそれ食堂』で朝食を頂きます。

帆立をはじめとする海産物やせんべい汁など、青森ならではの郷土料理に舌鼓。朝から贅沢なご飯にテンションが上がります。初めての地域に訪れると、旅先の美味しいモーニングが食べられるカフェとホテルのモーニングでどちらにしようか迷ってしまうなんてこともあるけれど、青森屋に宿泊するなら迷わずのれそれ食堂での朝食がおすすめです!

青森屋で青森の魅力をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した青森屋はホテルの敷地の中に青森の魅力がぎっしりと詰まったとても素敵なホテルでした。コンテンツが盛り沢山でホテルから出ずとも青森を楽しみ尽くすことができるホテルだったので、青森屋へ訪れる際は慌ただしい旅ではなく、ぜひ時間に余裕を持って訪れてみてはいかがでしょうか。

\予約はこちらから/
楽天トラベルから予約する!

じゃらんから予約する!