カンボジア

トゥクトゥクでベンメリア観光へ!シェムリアップからのアクセスや料金、所要時間を解説

こんにちは。

カンボジアといえば、真っ先に出てくるのはアンコールワットでしょう。

そんなアンコールワットがある街シェムリアップから日帰りで訪れる場所にある、
近年人気のもう1つの遺跡、ベンメリア遺跡はご存知でしょうか。

シェムリアップからトゥクトゥクにて、日帰りでベンメリア観光に訪れたので、ベンメリア遺跡とはなんぞやということから、料金や所要時間まで、まるっとご紹介したいと思います。

これからカンボジア旅行へ行く方や、ベンメリアへのアクセスをどうしようか迷っている方は参考になればと思いますので、ぜひ読んでくださいね。

 

廃墟好きにはたまらない!?ベンメリア遺跡観光

 

ベンメリア遺跡とは、アンコールワットから直線距離で40kmほど東の密林の中にある遺跡で、アンコール遺跡群の1つです。

近年になりようやく整備され始めましたが、まだ修復はあまり進んでいないのが現状です。

そのため崩れ落ちた遺跡には苔が生えており、美しき廃墟のような姿を見ることができるのです。

 

崩れ落ちたベンメリア遺跡

そんなベンメリア遺跡ですが、シェムリアップの街でトゥクトゥクに乗り込み揺られること90分ほどで、ベンメリア遺跡の入口へと到着します。

ベンメリア遺跡の入場料ですが、僕が訪れた際は5USドルだったのですが、2020年2月現在ではアンコール遺跡群の入場チケットが必要なようです。

つまり以前まではベンメリア遺跡のチケットは5USドルで単品購入だったものが、現在ではアンコールワット周辺の遺跡群、ロリュオス遺跡群、クバール・スピアンなど諸々の遺跡群に入場できる、いわばアンコール遺跡群セットのようなチケットを購入しなければならなくなったということです。

ちなみにアンコール遺跡群のチケットの価格は下記です。

1日券:37USドル
3日券:62USドル
7日券:72USドル

さて、話を戻しますが、同じドライバーにシェムリアップまで連れて帰ってもらう必要があるため、ベンメリア遺跡に到着するとドライバーにどれくらいで戻ってくればよいか聞かれます。

個人的な感想だとめちゃくちゃゆっくりみて回ったとしても2時間もあれば全てみて回ることができますので、時間に余裕がある方は2時間後と答えておけば問題ないでしょう。

ちなみに待ってもらっている間ですが、ドライバーはご飯を食べるなり、ドライバー仲間と喋るなりしていますので、そんなに気にしなくても大丈夫です。

 

 

ベンメリア遺跡の中に入ると、一部観光用に整備された道もありますが、廃墟のまま修復されていないところも多くみられます。

そのため、足場が悪いところも多く、十分に気をつける必要があります。

遺跡内では小学生くらいの少年が「ガイドしてあげる!」と積極的に案内をしようとしてくれました。

もちろん少年に案内をお願いしてもよいのですが、ついていくとほぼ100%あとでお金をせびられることになるとは思うので注意しておきましょう。

 

 

このようにベンメリア遺跡は崩れ落ちた遺跡がそのままの状態で多く残されており、整備され観光地化された遺跡とは一線を画していました。

また、緑色の苔が美しく、ダンジョンのような雰囲気もあり、冒険心がめちゃめちゃ掻き立てられる遺跡なのです。

 

シェムリアップからベンメリアへのアクセス方法

ここまでご紹介したベンメリア遺跡ですが、シェムリアップからはトゥクトゥク以外にもいくつかアクセス方法があり、選択肢は下記の通りです。

・トゥクトゥクをチャーター  30USドル~40USドル
・車をチャーター       50USドル~
・バイクチャーター      20USドル~
・ツアー                                  ?

上記は全て乗り物1台あたりの価格の目安となります。

なので、2人で乗ればもちろん1人あたりの金額は記載の半額が目安となります。

ベンメリアに関しては、ツアーの選択肢が僕にはなかったので価格を見ていませんでしたが、ツアーはどの選択肢よりも割高にはなります。

また、僕はこの中でもトゥクトゥクを使ってベンメリアに訪れましたが、
トゥクトゥクを選んだ理由は下記2点でした。
①価格が安かったこと
②せっかくの東南アジア旅行なので、東南アジアっぽさを感じたかったこと

ということで、トゥクトゥクを利用してベンメリア遺跡へ訪れた場合の情報について詳しく記載したいと思います。

 

シェムリアップからトゥクトゥクでベンメリア遺跡へ!所要時間や料金は?

トゥクトゥク、スリランカ、パルマ

 

シェムリアップからベンメリア遺跡へトゥクトゥクを利用した場合の所要時間は片道1時間30分ほどです。

個人的な意見としては、全く知らない異国の土地の景色を横目に気持ちの良い風を受けながら向かうことができるので、トゥクトゥクを選択してよかったと思いました。
正直、あっという間の1時間30分でした。

ただし、人によっては「時間がかかりすぎる」や「トゥクトゥクに1時間30分乗るのはきつい」という意見もあるので、こればっかりはその人次第だと思います。

 

料金は僕が泊まっていたシェムリアップのホテルとベンメリアの往復で30USドルで送迎してもらうことができました。

料金はドライバーによってまちまちですが、シェムリアップとベンメリア間の往復の相場は30USドル~40USドルほどなので、この価格を参考にドライバーと交渉してみましょう。

 

また、トゥクトゥクの手配方法ですが、僕の場合は前日にアンコールワットを同じトゥクトゥクドライバーに案内してもらっており、このドライバーが親切だったので、同じ人にベンメリアの送迎もお願いしました。

ただし、このようなケースは稀だと思うので、宿泊しているホテルのスタッフにトゥクトゥクを呼んでもらうのが最も無難な選択肢だと思います。

 

シェムリアップからベンメリアへトゥクトゥクを利用する場合の情報を下記表にもまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

ベンメリアへトゥクトゥクでのアクセスまとめ

所要時間 片道1時間30分
価格相場 1台あたり30USドル~40USドル
手配方法 ホテルのスタッフに手配してもらう
メリット ・コストが抑えられる
・知らない異国の土地を存分に楽しめる
・「旅」を感じられる
デメリット ・時間がかかりすぎる
・車に比べると快適さでは劣る

 

ベンメリア観光、トゥクトゥクで行くのは個人的にはおすすめ

 

ご紹介したようにベンメリア遺跡はシェムリアップに訪れるのであれば足を伸ばしてみる価値はあります。

「アンコールワットよりもよかった」という声が散見されるのも理解できる気がしました。

また、ベンメリア遺跡へのアクセスですが、個人的にトゥクトゥクはおすすめできます。

気持ち良い風を受けながら、異国の土地を眺めながらの移動は、「これぞ旅」という感じがします。

何はともあれ自分に一番合うと思うアクセス方法で、ベンメリア観光を楽しんでください。

海外旅行の際は保険に加入しておこう

何かあってからでは困るのが海外旅行です。

海外では病気や怪我の際に異常に高い医療費がかかるケースもありますし、旅先でカメラやパソコン、スマホを壊してしまった時などにも備えて、海外旅行保険への加入は必須です。

エポスカード入会金や年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯という便利なカードなので、旅行のたびにいちいち海外旅行保険に加入するのがめんどくさい方や、毎回の保険代がもったいないと感じる方はこの機会に発行しておくことをおすすめします。

海外旅行保険付帯のおすすめのカードはこちらにまとめてみました!

【完全無料】海外旅行の必須アイテム!保険付帯で学生におすすめのクレジットカードはこれだ!こんにちは。 クレジットカードと言えば、海外旅行に行く際に必須中の必須アイテムの1つです。 なぜ必須なのかという理由はこんな...

海外旅行保険については以下の記事も参考にしてみるといいと思います。

【体験談】海外旅行保険の携行品損害で壊れたカメラを無料修理してもらえた こんにちは。 みなさんは旅行や留学、仕事などで海外へ行く際に、海外旅行保険に加入しますか? 僕は海外に行...