スウェーデン

【ストックホルム旧市街】ガムラスタンのおすすめ観光スポットまとめ

こんにちは。

ストックホルムの旧市街であるガムラスタンは「魔女の宅急便」のモデルになった街とも言われており、ストックホルム観光のまさに目玉とも言える場所です。

王宮や教会などの定番の観光スポットも、この小さなエリアの中にコンパクトにまとまっており、ストックホルム旅行の際にガムラスタンは確実に訪れる場所だと言えるでしょう。

そこで今回の記事では、そんなガムラスタンエリアにあるおすすめの観光スポットについてご紹介したいと思います。

これからストックホルムへ旅行する方は、ぜひ旅行の参考にしてみてください。

ストックホルム旧市街「ガムラスタン」のおすすめの観光スポット

ガムラスタンのおすすめ観光スポット① ストックホルム宮殿

ガムラスタンで最も人気の観光スポットは、ストックホルム宮殿(=王宮)でしょう。

ロイヤルファミリーが1981年に郊外のドロットニングホルム宮殿へ移り住むまでは、住居として使われており、今も国家の大切な行事にはこの王宮が使われています。

そんな王宮には600以上の部屋があり、王室御用達の部屋を見学することができます。

また、王宮の見所は内部の見学だけではありません。シーズン中には王宮の前で毎日衛兵の交代式を見学することもできます。

衛兵交代式の開催日は時期によって異なりますが、スケジュールは下記の通りです。

○4月23日〜8月31日
月〜土曜日:12:15分から
日曜日  :13:15分から

○9月1日~ (水、土、日曜日のみ開催)
水・土曜日:11:45から
日曜日  :12:45から

○11月1日~ (水、土、日曜日のみ開催)
水・土曜日:12:09から
日曜日  :13:09分から

このように時期によって開催日や開催時間が異なりますので、訪れる前に時間の確認をしておきましょう。

衛兵交代式は観光客に人気のイベントなので、開始時間のギリギリに行くとよく見えるポジションは埋まってしまいます。できるだけ良い場所で見たいという方は、少し早めに行ってポジションを抑えておくことをおすすめします。

名称 ストックホルム宮殿(王宮)
住所 Slottsbacken 1, 111 30 Stockholm
入場料 大人:160クローネ
7~17歳:80クローネ
営業時間 5〜9月 10:00~17:00 (7月〜8月は 9:00から)
10月〜4月 10:00~16:00
定休日
Webサイト https://www.kungligaslotten.se/vara-besoksmal/kungliga-slottet.html

ガムラスタンのおすすめ観光スポット② リッダーホルム教会

続いてご紹介するのはガムラスタンの西部にある「リッダーホルム教会」です。

リッダーホルム教会は1270年に建築されたネオゴシック様式の教会で、歴代の国王一族がこの場所に眠っています。

王族が眠っていることもあってか、内部は落ち着いたつくりで穏やかな時が流れていました。

外観だけでも一見の価値のあるスポットなので、ぜひ訪れてみましょう。

名称 リッダーホルム教会
住所 Kungliga slottet, 107 70 Stockholm
入場料 大人:50クローネ
学生:25クローネ
18歳未満:無料
営業時間 5/14〜9/14   10:00~17:00
9/17〜11/27 10:00~16:00(土日のみ)
定休日 11/30〜5/13
Webサイト https://www.kungligaslotten.se/Riddarholmskyrkan

ガムラスタンのおすすめ観光スポット③ ドイツ教会

ドイツ教会はハンザ同盟のドイツ人商人によって17世紀半ばに建てられた教会です。何と言ってもその特徴は、高さ83メートルの立派な尖塔で街を歩いているとあらゆるところからドイツ教会を見つけることができます。

当時のドイツ人の豊かさを表しているかのような、バロック様式の煌びやかな内装は他の教会とは違った魅力があり見ごたえ抜群です。

無料で内部を見学できるのも嬉しいポイントの1つ。こちらも必見のスポットと言えるでしょう。

名称 ドイツ教会
住所 Svartmangatan 16, 111 29 Stockholm
入場料 無料
営業時間 5月〜9月 11:00〜15:00
10月〜4月 12:00〜16:00(水・金・土曜日のみ)
※日曜日はいずれも12:30から
定休日 10月〜4月の月、火、木曜日
Webサイト https://www.svenskakyrkan.se/deutschegemeinde/die-kirche

ガムラスタンのおすすめ観光スポット④ ストックホルム大聖堂

スウェーデン王室の戴冠式や結婚式が行われる由緒ある教会がストックホルム大聖堂です。

これまでにご紹介したリッダーホルム教会やドイツ教会と比べると、外観にあまり特徴はありませんが、内部に足を踏み入れると重厚感のある造りや美しいパイプオルガンの音色は必見で、まるでRPGの世界に迷い込んだかのような雰囲気の教会です。

名称 ストックホルム大聖堂
住所 Trångsund 1, 111 29 Stockholm
入場料 60クローネ
(18歳以下無料)
営業時間 10月〜4月: 9:00~16:00
5月〜9月   9:00~17:00(6〜8月は18:00まで)
定休日
Webサイト https://www.svenskakyrkan.se/stockholmsdomkyrkoforsamling

ガムラスタンのおすすめ観光スポット⑤ ノーベル博物館

ダイナマイトを発明したことやノーベル賞の由来でも有名なノーベルは、実はスウェーデン出身です。そんなノーベルの名が冠されたノーベル賞が設立100周年を迎えたことを記念してガムラスタンにオープンしたのが、このノーベル博物館がです。

ノーベル博物館内部

ノーベル博物館の内部は北欧らしくおしゃれで洗練されたデザインで、過去のノーベル賞受賞者の紹介などがされています。

また、博物館内部のカフェスペースの椅子をひっくり返すと、過去のノーベル受賞者のサインが書かれているので、こちらもお見逃しなく。

名称 ノーベル博物館
住所 Stortorget 2, 103 16 Stockholm
入場料 大人:100クローネ
学生:シニア:70クローネ
18歳以下:無料
営業時間 11:00〜17:00
※火曜日は20:00まで
定休日 夏季以外の月曜日、クリスマス、年末年始
Webサイト https://nobelprizemuseum.se/

ガムラスタンのおすすめ観光スポット⑥ 貴族の館

1668年に建てられたオランダ・バロック様式の建物で、貴族の会議場として使われていたのが貴族の館です。

内部ではシャンデリアや絵画など煌びやかで豪華な装飾の数々や2,000を超える数の紋章が展示されており、優雅な貴族の暮らしを体感することができます。

そんな貴族の館は、平日の11:00~12:00の1時間しか公開されていないので、上手にスケジュールを組んで観光する必要があります。

名称 貴族の館
住所 Riddarhustorget 10, 111 28 Stockholm
入場料 60クローネ
営業時間 月〜金曜日 11:00~12:00
定休日 土・日曜日
Webサイト https://www.riddarhuset.se/

ガムラスタンのおすすめ観光スポット⑦ ストールトルゲット広場

ガムラスタン、旧市街、都市、美しい、本物

ストールトルゲット広場はカラフルな建物が立ち並ぶストックホルムで最も古い広場で、ガムラスタンの中心地とも言えるエリアです。付近にはレストランやカフェ、お土産屋さんなどたくさんのお店が軒を連ねます。

ポストカードにもしばしば使われるフォトジェニックな景色はぜひとも写真に収めておきたい場所の1つでしょう。

ガムラスタンのおすすめ観光スポット⑧ フィンランド教会

ストールトルゲット広場のすぐ近く、フィンランド教会の裏庭に隠れた人気者「アイアンボーイ像」があります。

大きさ14センチメートルの小さな像は、頭をなでると幸せになるとも言われていて、ちょっとマニアックなこの像の存在を知った観光客がちらほらと訪れています。

アイアンボーイは冬になるとマフラーを巻いたり、帽子をかぶったりしているようで、なんだか可愛らしい小さな人気者を探しに、ぜひフィンランド教会へ訪れてみましょう。

名称 フィンランド教会
住所 Slottsbacken 2B, C, 111 30 Stockholm
入場料 無料
Webサイト https://www.svenskakyrkan.se/finskaforsamlingen

ガムラスタンのおすすめ観光スポット⑨ モーテン・トローツィグ・グレン

たくさんの小道が入り組むガムラスタンの中でも、最も細い道が「モーテン・トローツィグ・グレン」でその幅はなんと90cm。

ガムラスタンで最も有名な通りの1つなので記念撮影する観光客もたくさん。ストックホルムに訪れた記念にぜひ立ち寄りたいスポットの1つです。

「ガムラスタン」を歩いて観光してみよう

ストックホルム観光の目玉とも言えるガムラスタンには、歩いて回れるコンパクトな範囲におすすめの観光スポットがたくさん。

せっかくなので美しい中世のような街並みをゆっくりと散策しつつ、観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ぜひ、楽しいストックホルム旅行をお過ごしくださいね!

ストックホルム観光は下記の記事も参考にどうぞ。

スウェーデンの死生観と森の墓地「スクーグスシェルコゴーデン」こんにちは。 みなさんはスウェーデンと聞くと何を思い浮かべるでしょうか? 北欧特有の洗練されたデザインや雑貨、もしくは可愛ら...

海外旅行の際は保険に加入しておこう

ストックホルムへ行く前に!海外旅行保険は加入しましたか?

海外で病気や怪我をしてしまった際の異常に高い医療費や、旅先でカメラやパソコン、スマホを壊してしまった時などに備えて、海外旅行保険への加入は必須と言えます。

エポスカード入会金や年会費無料かつ海外旅行保険が自動付帯という便利なカードなので、旅行のたびに海外旅行保険に加入するのがめんどくさい方や、保険代がもったいないと感じる方など、とにかく持っておきたい1枚です。

普段使いもしやすいカードなので、まだエポスカードを発行していない方は、この機会に作っておくことをとてもおすすめします。

海外旅行保険付帯のおすすめのカードはこちらにまとめてみました!

【完全無料】海外旅行の必須アイテム!保険付帯で学生におすすめのクレジットカードはこれだ!こんにちは。 クレジットカードと言えば、海外旅行に行く際に必須中の必須アイテムの1つです。 なぜ必須なのかという理由はこんな...

海外旅行保険については以下の記事も参考にしてみるといいと思います。

【体験談】海外旅行保険の携行品損害で壊れたカメラを無料修理してもらえた こんにちは。 みなさんは旅行や留学、仕事などで海外へ行く際に、海外旅行保険に加入しますか? 僕は海外に行...