タイ

【予算まとめ】3泊4日のタイ・バンコク旅行にかかる費用

こんにちは。

日本から直行便も多数、物価も安く、治安も比較的安定しているという理由もあって、手軽に行ける海外旅行先としても人気のタイ・バンコク。

次の連休や長期休暇などで行こうと考えている人もいるのではないでしょうか。

とは言っても、初めて訪れる国だと「旅費はいくらくらい必要なのだろう」なんて気になりますよね。

そこで今回の記事では、実際に僕が訪れてみた予算感をもとにバンコク3泊4日の旅行にかかる費用をご紹介したいと思います。

訪問日数が違う方も、宿泊数を足し引きしながら考えると参考になるかと思いますので、これからタイに行こうと思っている方はぜひ読んでください!

 

3泊4日のタイ・バンコク旅行、総予算は5~6万円

100米ドル紙幣

 

結論から書くと、3泊4日のタイ・バンコク旅行で僕が使ったお金はおよそ55,000円でした。

内容はざっくり下記の通りでした。

航空券 32,000円

宿泊費 6,000円

交通費 2,000円

食費 7,000円

観光費 4,000円

そのほか雑費 6,000円

ただし、旅行といえば宿泊するホテルのランクや食べるもの、観光する場所によって、かかる費用は個人差が出てくると思います。

なので、これから泊まったホテルや食べたものなどの例をあげながら、かかった費用の詳細をご紹介しますので、ぜひそちらも参考にされると良いかと思います。

 

3泊4日のタイ・バンコク旅行の費用の内訳

3泊4日タイ・バンコク旅行の費用① 航空券

red and white passenger plane in flight

 

タイ旅行においても航空券が占めるウエイトはかなり大きいです。

今回僕はLCCであるエアアジアを利用して、往復で32,000円の航空券を予約しました。

日本⇄バンコクの区間だと、LCCの利用ができることもあり、航空券代はかなり抑えられるので、学生はかなり助かるところじゃないかと思います。

LCCを利用するにあたって1点注意が必要なのは、荷物を預ける場合には別途料金がかかる点です。

とはいっても、荷物の数は2点かつ、重量が合計7kg以下なら機内に持ち込むことが可能で、機内持ち込みは追加料金は必要ありません。

バンコク3泊4日くらいの旅行なら、7kg以下に抑えることは十分に可能でしょう。

もしそれ以上の重量になるため荷物を預けたいという場合、料金等の詳細はエアアジアの公式サイトより確認することができます。

 

また、スカイスキャナーで東京⇄バンコク間の航空券を調べてみたところ、LCCを利用すると往復22,000円ほどJALを利用した場合で57,000円ほどでした。

日程によって航空券の料金も異なってきますが、予算組みの際の参考になるかと思います。

最後に日本⇄バンコクの航空券の情報をまとめると下記の通りです。

・LCCの相場は20,000円~30,000円ほど

・LCCを利用する場合、預け荷物等の制約に注意!

・JALの利用は55,000円~70,000円ほど

・JALの場合は預け荷物は航空券代に含まれます!

航空券の検索は下記からどうぞ

格安航空券エアトリ
スカイスキャナー

 

3泊4日タイ・バンコク旅行の費用② 宿泊費

ベッドの上にグレーと黒の枕を投げる

 

僕はiSanookというホテルに3泊宿泊し、2人1部屋で3泊合計12,000円だったので、宿泊費は1人あたり6,000円でした。

宿泊費はホテルのランクによってもかなり個人差が出てくるかと思いますが、相場はだいたい下記となります。

・ゲストハウスのドミトリー・・・1泊800円くらい

・通常のホテル(2名1室)・・・1人あたり2,000円〜2,500円くらい(2人で宿泊する場合)

・ちょっといいホテル(2名1室)・・・1人あたり5,000円程度(2人で宿泊する場合)

ちなみに僕が宿泊したiSanookというホテルは1泊1人2,000円程度でしたが、圧倒的にコストパフォーマンスのいいホテルでした。

 

バンコクのホテルiSanook

部屋の中に冷蔵庫やテレビがあるのはもちろんのこと、電子レンジ等も備え付けられていました。

部屋のつくりもワンルームではなく、リビングと寝室が分けられていてかなり広々できれいだったので、バンコク旅行の際はおすすめできる宿泊先でした。

ちなみに宿泊予約はBooking.comから可能です。

ちょっとでも安くホテルやゲストハウスを予約する方法については下記の記事で紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね!

【お得に宿泊予約する方法】Booking.comのGenius会員に無料でアップグレードしようこんにちは。 みなさんは旅行等でホテルを予約する際に、どのサイトを使って予約しますか? 僕は国内外問わず、ホテル予約の際には...

 

3泊4日タイ・バンコク旅行の費用③ 交通費

トゥクトゥク、タイ、オートバイ、タクシー、行く、観光

 

タイの交通費は日本と比べると圧倒的に安いです。

僕は3泊4日のバンコクの旅行でかかった交通費はだいたい1,500円〜2,000円程度でした。

だいたい交通費として想定される乗り物の値段は下記の通りです。

・空港から市内へのバス
・・・30バーツ(約100円)

・BTS(スカイトレイン)/MRT(地下鉄)初乗り
・・・15バーツ(約51円)

・タクシー初乗り(2kmまで)
・・・35バーツ(約121円)

・トゥクトゥク(徒歩で10分程度) 
・・・約30~40バーツ(約100円〜約130円程度)

ただし、タクシーやトゥクトゥクは値段交渉となる可能性が高いので、うまく上記の価格にて乗れるかどうかは交渉次第となるでしょう。

このようにタイの交通費は日本と比べても破格ですので、そこまで交通費にはお金はかからないと思っていて問題ないでしょう。

 

3泊4日タイ・バンコク旅行の費用④ 食費

スマートフォンを保持しているテーブルの横に座っている男

 

3泊4日のバンコク旅行でかかった食費は7,000円程度でした。

旅行中のご飯は全て外食でしたが、外食費も日本と比べると安いため、予算的にもそこまで問題になることはありませんでした。

具体的な外食の予算感は下記の通りでした。

屋台で食べる場合・・・200円ほど

フードコートで食べる場合・・・500円ほど

観光客向けのレストラン・・・1,000円〜2,000円

おしゃれなバー・・・1ドリンク500円~1,000円ほど

もし3日間ガンガンお酒を飲む人やバンコクのナイトライフをしっかりと楽しみたいという場合は、食費の予算はもう少しかかってくるかと思います。

旅行中の過ごし方次第で、食費も上記記載の相場を参考に予算を組んでみてください。

 

3泊4日タイ・バンコク旅行の費用⑤ 観光費

カラフルなテントの空中写真

 

3泊4日のバンコク旅行、観光費は4,000円ほど使いました。

かかった観光費としては、バンコク市内の寺院3つへの入場料とバンコクのお隣にあるアユタヤ遺跡への入場料、そして象乗り体験です。

それぞれにかかった費用は下記でした。

・ワットアルン
・・・50バーツ(約165円)
・ワットポー
・・・100バーツ(約330円)

・ワットプラケオ
・・・500バーツ(約1650円)

・アユタヤ遺跡
・・・1寺院あたり50バーツ(約165円)、6寺院に入場可能なチケットが220バーツ(約700円)

・象乗り体験
・・・15分400バーツ(約1,300円)

アユタヤ遺跡はいくつかの寺院で構成されていて、寺院1つ1つに入場料がかかります。

そのため5つ以上入る場合は、6寺院に入場可能なチケットをまとめて購入した方がお得でした。

 

僕のバンコク旅行でかかった観光費はざっとこのような感じです。

観光地への入場料も日本と比べると安く、旅行する身としてはかなり助かりました。

 

3泊4日タイ・バンコク旅行の費用⑥ そのほか雑費

エスプレッソメーカーの横にあるコーヒーメーカー

 

その他の雑費にかかった費用は6,000円ほどでした。

雑費の中身としては、海外旅行保険への加入費やちょっとしたカフェ代、タイマッサージ代、そしてお土産代です。

まず海外旅行保険ですが、3泊4日のタイ旅行の場合だと2,000円〜3,000円ほどです。

そしておしゃれなカフェはドリンク1杯300円〜500円ほど、タイでのマッサージは1時間で700円〜1,000円ほどでした。

ここにお土産代やちょっとしたジュースやお菓子の購入を合わせて6,000円ほど使ったという内訳になります。

ちなみに海外旅行保険は、入会金と年会費永年無料海外旅行保険が付帯しているエポスカードなどのクレジットカードを発行することで、まるっと保険料金をすべて節約することが可能です。
(僕はこの時まだ旅行保険付帯のカードの認識をしていなかったのです。)

【完全無料】海外旅行の必須アイテム!保険付帯で学生におすすめのクレジットカードはこれだ!こんにちは。 クレジットカードと言えば、海外旅行に行く際に必須中の必須アイテムの1つです。 なぜ必須なのかという理由はこんな...

 

3泊4日のタイ・バンコク旅行でかかった費用まとめ

 

今回ご紹介したように僕の3泊4日のタイ・バンコク旅行で使った費用の合計はおよそ55,000円でした。

ただし、僕が訪れた日程だと、航空券がいつもより少しかさんでいるので、節約したい方は航空券代と宿泊費でもう少し節約することが可能でしょう。

 

また、泊まるホテルのランクや過ごし方によっても、予算は変わってくるかと思いますので、ぜひこの記事でご紹介した相場も参考にしていただければと思います。

とは言っても、なかなか個人で海外旅行を手配するのが難しいという方は、まずは大手旅行代理店のJTBからツアーで旅行もありだと思います。

特に東南アジアだと個人手配もツアー予約もそこまで価格差もありません!

とにかく、自分が一番楽しめると思う旅行スタイルを選ぶことが大切でと思います。

 

海外旅行の際は保険に加入しておこう

タイ旅行に行く前に!海外旅行保険には加入しましたか?

何かあってからでは困るのが海外旅行です。

本記事でもちらっと触れましたが、海外旅行に行く際に海外旅行保険への加入は必須です。

異常に高い医療費や、旅先でカメラやパソコン、スマホを壊してしまった時などに備えて、海外旅行保険には確実に加入しておきましょう。

エポスカード入会金や年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯という便利なカードなので、いちいち海外旅行保険に加入するのがめんどくさい方や、保険代がもったいないと感じる方はこの機会に加入してみてはいかがでしょうか。

【体験談】海外旅行保険の携行品損害で壊れたカメラを無料修理してもらえた こんにちは。 みなさんは旅行や留学、仕事などで海外へ行く際に、海外旅行保険に加入しますか? 僕は海外に行...